top of page

無人航空機の型式認証取得に向けた「認証試験受託サービス」を開始

~ 機体メーカーを支援し、認証機体の社会実装を加速 ~


■ 概要:

AeroVXR合同会社(岐阜県各務原市、代表:安村佳之、以下AeroVXR)と株式会社ドローンオペレーション(東京都千代田区、代表取締役:出口弘汰、以下DRONE OPERATION)は無人航空機の型式認証における認証試験受託サービス(試験計画作成から飛行試験の実施及び報告書作成まで)を開始致します。


■ 本文:

令和4年12月5日に施行された改正航空法により、機体および型式における認証制度が始まりました。しかし、認証を受けた実例は、第一種、第二種含め、まだ2例しかありません(2024年2月22日時点)。

その要因として、航空機業界では認証制度が定着しているのに対して、ドローン業界においては、認証制度についての理解が進んでおらず、また、申請当事者にとって証明活動のノウハウがないことが挙げられます。

また、特に第一種型式認証については機体メーカーにとって様々な認証試験への準備やリソースが必要となり、機体開発と並行して認証試験を実施することの負担が大きいことが挙げられます。

そこで航空機の型式証明制度に精通し、無人航空機の型式認証におけるコンサルティングを展開するAeroVXRと、無人航空機の型式認証試験に携わり、評価試験等を数多く手掛けているDRONE OPERATIONが協業することにより、認証活動における試験計画から飛行試験の実施、レポート作成までトータルにサポートすることが可能となりました。



機体メーカーにとっては認証試験の内、飛行試験に係る試験項目について本サービスを利用することにより、社内リソースの負担を抑えることが出来るため、機体開発やその他の試験に注力することが可能となります。


<特徴>

・試験計画から飛行試験の実施、報告書作成までのワンストップサービス

・質の高いドキュメントの作成

・試験実施体制を構築しており、安全に飛行試験を進めることが可能

・認証飛行試験用に環境測定器等を設置した試験フィールドで実施

・航空機の型式証明を通じて得たノウハウにより、各試験項目に最適な運用エンベロープ

を考慮した飛行試験方案を作成

・無人航空機の評価に精通したオペレーターがフライトを担当し、正確なデータを取得


■ サービス対象者:

無人航空機の型式認証を申請する機体メーカー


■ サービス内容:

型式認証の飛行試験(セクション300等)を始めとした各種試験における

全体計画、試験計画(試験方案作成)、飛行試験(ログ解析含む)、結果報告

※詳細内容は個別にて承ります。


■ 問い合わせ先:

【問い合わせフォーム】:https://forms.gle/Jro1xtysXXfVNePp6


■ 会社概要:

<AeroVXR合同会社について>

航空機等の開発や飛行試験に精通したスタッフが空飛ぶ乗り物に関する研究、開発、認証をお手伝いする会社です。安全・安心の向上と航空宇宙産業の発展に貢献できるよう、空飛ぶ乗り物の研究・開発及び運航に携わるパートナーをサポートし共に航空宇宙産業の路を歩んでまいります。

▪会社名:AeroVXR合同会社

▪代表:安村佳之

▪所在地:岐阜県各務原市緑苑南3-86


<株式会社ドローンオペレーションについて>

「ドローンの社会実装を支える」を掲げ、実証試験等における産業用ドローンのオペレーションサービスや機体開発・評価試験等を軸に事業を展開。新規機体開発においてオペレーションノウハウによるコンサルティングや高度な知識・技能を要するレベル4飛行といった先進的なオペレーションを手掛けています。また現場経験豊富な一等無人航空機操縦士を多数抱え、レベル4運航や様々な業務に対応しています。

▪会社名:株式会社ドローンオペレーション

▪代表取締役:出口弘汰

▪所在地:東京都千代田区富士見1-3-11富士見デュープレックスB’s 4F

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page